電話占いで説教されて良かった

ずっと「占いなんて、万人に当てはまる言い方しかしない。受け取る方が勝手に解釈しててありがたがってる。インチキのくせに得な商売だよな」と否定的でした。会社の女の子たちが「占いにハマってる」と話してたら、内心で「バカ女どもめ」と軽蔑してたくらいです。

けれども今は「俺が思ってるだけが全てじゃない」と思えるようになりました。視野が広がった・・というか、前が狭すぎたんですよね。そりゃ女の子たちから嫌われるワケです。

きっかけは電話占いです。それはちょうど半年前くらいのことで、当時は「父親が倒れて歩けなくなった」「仕事でミスばかり」「痴漢に間違われかけた」「ストーカーだと思われ警察に怒られた」など不運なことが重なったんです。しかも、好きになった女性はいつの間にか結婚してるし・・。心は最悪でした。

そんな時なんですね、占いをしてみたくなるのは。「ああ、何かにすがりつきたい気持ちの時に占ってもらいたくなるんだな・・」と思ったんです。気が付けば、ネットで占いに関してリサーチしてました。でも、対面形式に行く気にはなれなくて電話占いにお願いしてましたね。

電話占いですが、霊視だからかズバズバ言い当てられました。本当に痛かったですね。「こんな弱ってる時に言わないでよー」と泣きたくなりましたが「当たってること自体がすごい」と気付いてからはひたすら耳を傾けました。

アドバイスは説教半分で予知情報が半分でしたが、とりあえずは説教の部分を肝に銘じて毎日を頑張っています。すると、会社の人たちと会話を潤滑に出来るようになったしみんなが優しいんです。泣きそうなくらい。

予知の情報については、まだ時期が来てないから分からないけれど「当たれば良いな」くらいに捉えています。僕の人間性をグサグサと切ってもらえて良かったですね。より良い未来のために踏ん張ろうと思っている毎日です。