相続税の申告・相続放棄とは

配偶者や親などが亡くなった場合、その配偶者や子は財産を相続することになりますよね。
一般的に相続税は法定相続人の人数やそれに応じた基礎控除を差し引いた上でそこに税率をかけて計算するそうです。
もちろん相続税の計算はそんなに簡単なものではありませんので、やはり税理士など専門家の手を借りることが勧められています。
相続において「財産」となるものの中には「マイナスの財産」も含まれています。
例えば借金です、もし借金を残したまま亡くなってしまうと、その借金の金額も計算に入れて相続税の計算を行うそうです。
プラスの財産とマイナスの財産を相殺して最終的にマイナスの財産しか残らない場合には、相続放棄という選択肢を選ぶことも可能のようです。
ただ、プラスはプラス、マイナスはマイナス、といった別個の相続をすることはできないようなので、まずはチェックしてみると良いかもしれません。
ちなみに相続放棄はわりと簡単な手続きで行うことができるそうです。
必要書類を税務署に出したり、関連の自治体から戸籍謄本を取得する必要はあようですがこれがなかなか手間がかかるようなので、早めに動けそうな方は準備や情報収集は早めにした方が良さそうです。